おしゃれカフェ

[江湖庵]古民家をリノベしたはんこ屋さんカフェで、体に優しいランチプレートをいただく

江湖庵ランチプレート

時間を気にせず、心地よいひとときを

今回訪れたのは、築約200年の古民家をリノベーションして、作られたはんこ屋ギャラリーカフェ[江湖庵]。
はんこ屋さんのカフェは聞いたことがなく、一緒に営業しようと思ったきっかけを、オーナーの齊籐さんに伺ってみた。「一般的には、“はんこ”や“書”に関わる機会が普段生活している上ではあまりない。少しでも実際に目で見て体感していただき、ゆっくり見てほしい」という思いがあったそう。でも、実際には「はんこ屋さんだけだと入りにくい」と感じる方が多いため、カフェと一緒にすることによって、敷居も低くなり、入りやすくなると考えられた。「ご飯を食べに来たついでに、書やハンコを見ていただけるきっかけになれば…」と思ったのがきっかけだそう。

そんな思いで営業されているこちらのランチは、予約の分で売り切れが出るくらい大人気!そんなランチを食べながら、店内にある、書やはんこを見ながら、異空間の中でゆっくりとした時間を過ごせます。

江湖庵外観

落ち着いた白壁が、雰囲気のある外観。

江湖庵 内観

おしゃれに書が飾られた心地いい空間。

江湖庵 はんこ

色々なハンコがたくさん!

江湖庵はんこ

今まで作られた1500本ほどのハンコ。

江湖庵 はんこ 斎藤江湖

一つ一つ丁寧に…。

店内にはたくさんのハンコが置いてあり、天然の竹の根っこを使用したものや、牛の角を使ったものなど、様々なハンコがありました。[江湖庵]では、オーダーハンコを注文される方が多いそうで、贈り物用として作る方がほとんど。オーダーハンコを作る際、「どんな思いで作ろうと思ったのか、どんな方に贈るのか」と細かい情報までお客様にお聞きして、持っていてしっくりくるもの、馴染みが出てくるようなものを作るように心がけているそう。約1か月~2カ月ほどで完成するそうです。プレゼントしたいな…と思った方は、ぜひHPをご覧ください♪

健康を考えた色鮮やかなランチプレート

江湖庵ランチプレート

ランチプレート (チキン)1500円 ※前日までのご予約のみ

「まごわやさしい」という、日本の伝統的な食材の頭文字を合わせた言葉で、一度の食事に全ての食材を取ろうという考え方。それを参考に、メニューには“豆、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ、いも”を使用しており、栄養満点。中でも、近江八幡の特産物である、赤こんにゃくと丁字麩は必ず入れるようにしている。また、近江八幡、野洲、東近江市など身近な地域の野菜を使うようにしており、お客様には、絶対においしく食べてほしい!という思いから、一つ一つ手間をかけて作り、素材の味を壊さないように心がけている。ココナッツオイルを油の代わりに使ったり、お家ではあまり摂らない食材を、入れるようにしたり、野菜を季節ごとに変えたり、味付けを少し変えてみたりと、様々な工夫がされている。

江湖庵ランチプレート

キッシュプレート 1300円

江湖庵 ランチプレート

いただきます♪

かぶらのスープは、とても滑らかな舌ざわりでやさしい味わい。かぶら感は強くないので飲みやすく、美味しい。チキンは、自家製の塩麹につけて柔らかくしてあるので、とても柔らかく、ほんのり塩麹の味がする。レモンをかけてもさっぱり食べることができる。黒米ごはんは東近江市からいただいているものだそうで、もちもち触感!どのお料理もやさしい味付けで、少しずつたくさんの種類のものを食べることができるので、大満足なランチプレート♪

江湖庵デザート

デザート付きセット(ドリンク+ケーキ) 600円

もちろんデザートも体にやさしいものを提供している。こちらは、手作りプリン、米粉のシフォンケーキ、抹茶アイスがプレートになっている。手作りのプリンはなめらかな口触りで甘すぎず、上にのっている苺のジャムと合わさりちょうど良い。米粉のシフォンケーキは、とてもふわふわでほんのり卵の香りがして、とてもやさしい味。ドリンクは、スペシャルティ珈琲を注文。こちらは、月替わりになっていて、今月は「キリマンジャロ」。焙煎からしているそうで、豊かなコクと、酸味と苦みがなんともいえないとても美味しいコーヒー。

落ち着く書の空間

お店には、齊籐さんが感じたことを表現している「書」がたくさん飾られている。コロナが流行する前には、お客様と一緒に作っていく空間として、齊籐さんが壁に筆で木や枝を描き、来ていただいたお客様が消しゴムハンコの花びらを押すということをしていたそうですが、コロナ禍となり、できなくなってしまったそう。その代わりに、毎月その壁に、齊籐さんが文字を書いているそうです。またこんな状況だが、小さなお茶会をしたりと、少しでも皆さんで創り上げていく空間を大切にしていると語る。書を見て落ち着くという方も多いそうで、実際、仕事の合間に少し落ち着きたい時や、ゆっくりしたい時に足を運んでくださるお客様がいらっしゃるそう。ご自慢のランチと一緒に書やはんこを見ながら、安らぎの時間を過ごしてみませんか?

江湖庵 齊藤江湖 書

キャンバスに書かれているものも販売していました。

江湖庵 齊藤江湖 書

雰囲気のある部屋。

江湖庵 齊藤江湖 書

毎月、変わる壁に書かれる文字。

江湖庵 斎藤江湖さん

安心できる健康ランチと共に、はんこや書の魅力をお届けしてくれるカフェ♪

情報
[江湖庵]
住所:〒523-0864 滋賀県近江八幡市為心町元7
電話番号:0748-40-0290
営業時間:ハンコオーダー 13:00~18:00
カフェ 11:30~18:00
※12月・1月・2月は17:00まで
定休日:火曜日・水曜日
駐車場:2台のみ
HP:http://koukoan.com/
Instagram:https://www.instagram.com/cafekoukoan/