トピックス滋賀のとびきりスポット

[マールブランシュ 湖南スタジオ]京都の洋菓子と言えばマールブランシュ。滋賀の湖南スタジオにお邪魔しました!

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

滋賀県民のあなたもきっと利用したことのある京都土産。その中でもダントツの人気を誇るマールブランシュの”お濃茶ラングドシャ 茶の菓”が、滋賀県湖南市で作られていることをご存知ですか。そんなマールブランシュのお菓子が製造されている工場を、今回は特別に見学させていただきました♪

社員の第二の家になれるように

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

2017年にリニューアルした湖南工場では、マールブランシュの人気商品である ”茶の菓”をメインに、様々な焼菓子を製造されています。1982年創業の本店から、今や12店舗も構える洋菓子の名店マールブランシュは、「ていねいに丹精込めたモノづくり」を大切にされていて、[マールブランシュ 湖南スタジオ]でもその想いを感じる仕組みになっているという。

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

マールブランシュのお菓子のデザインが描かれた扉。

入り口の扉には、京都らしい家紋からインスピレーションを得た商品のデザインが散りばめられています。バウムクーヘンの断面で構成されたデザインや、商品の名前に由来したデザインだったりと、お菓子ごとに違った意味や想いを感じられて、遊び心のある入り口。

 

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

抹茶色の可愛い階段。

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

こちらで製造されている商品が展示されています。

建物に入ると、”茶の菓”らしい色鮮やかな緑色の床がお出迎え。「家のようなくつろぎ感」をコンセプトにした建物は、どのフロアも靴を履かずに移動するので、床の柔らかい質感や色に癒される。食品を扱う工場だけあって、素足で歩いても大丈夫な美しい職場づくりを、大切にしているのだと感じられました。

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

広々とした共有の休憩スペース。

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

新作のお菓子の試作品を作るキッチンも。

まず、驚いたのが休憩スペースの広さ。休憩スペースってなんだか、椅子と机でぎっちり埋め尽くされているイメージですが、[マールブランシュ湖南スタジオ]では部屋を贅沢に使用されていて感動!大きな窓からは、緑豊かな景色が一望できて居心地が良く、とても素敵でした。こんな綺麗な場所でわたしも休憩したい!!(笑)

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

企業内託児所「ロマンキッズ」

[マールブランシュ湖南スタジオ]では、女性が多く活躍されていて、働くママさん世代にも嬉しい女性が働きやすい職場作りにも力を入れていらっしゃる。

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 託児所 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

働くママが安心して働ける環境です♪

茶の菓の製造工程を見学!

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

普段、従業員以外は見ることができない”茶の菓”の製造風景を見学してきました♪
こちらで働く社員さんは、未経験の方もいれば元パティシエの方までいて、それぞれに合ったお仕事ができるので安心。また、見学中に驚いたのが、皆さん笑顔で気持ちの良い挨拶してくださるところ。ガラス越しで声が聞こえない状態でも、目を合わして笑顔で会釈してくださったりと、みなさん仲の良い雰囲気で楽しくお仕事されていました。

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

衛生服を着て見学してきました!

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

抹茶の生地を成型して焼き上げていきます。

抹茶は、とても繊細で温度や湿度など少し時間が経つだけで色や風味や変化してしまう。そのためマールブランシュでは、生地が出来上がったらすぐに焼き上げられるようにと、小さな機械一つだけで生地が作られていました。さらに、お客様に出来立てを提供するためにも在庫を一切持たずに当日注文された分しか生産していないという。

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

色鮮やかな抹茶色で焼き上がりました♪

~茶葉にこだわる~
”茶の菓”専用の茶畑をはじめとする宇治抹茶の一番茶のみを使用。土づくりからこだわり、風味豊かな茶葉になるように石臼で少しずつ丁寧に仕上げている。

~美しさを追及~
”茶の菓”に挟まれているのは、オリジナルのホワイトチョコ。抹茶の色がホワイトチョコにうつらないような工夫が”茶の菓”特有の美しさを生み出している。

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

包装・パッケージングされて完成。

ご紹介した”茶の菓”以外にも、フォンダンショコラ食感の生茶の菓や、みんなのリーフパイ、バームクーヘンなども製造されていました!工場だけど工場らしくない、手作り感のある手間暇かかった商品ばかりだということが知り、改めてマールブランシュの美味しさの秘訣がわかったような気がして、とても楽しかったです♪

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 生茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

”茶の菓”を「生」の味わいにしたような「生茶の菓」

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 生茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

風味にも食感にも「生」らしさを追求。

女性が活躍する職場

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ 社員 インタビュー

マールブランシュのお菓子を製造されて、今年で8年目となる給田さん。

社員の給田さんにとってマールブランシュは、特別な日に家族で食べていた思い出深いお店。そんな、幸せな気持ちになったマールブランシュのケーキをきっかけに、パティシエになった給田さんは現在、焼き菓子の製造を担当されている。
給田さんに職場の雰囲気をお伺いすると、フレンドリーな職場で女性が多いこともあり、世代が違う多くのママさん同士で子育ての情報を交換をしたり、気軽に頼れる仲間がいることで安心感があるという。
また唯一の女性リーダーである給田さんは、女性という立場を生かして気軽に相談できるような関係性を築ける身近な存在をコミュニケーションを大切にされていました。

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ

出来立ての”茶の菓”や、ロマンの森限定の”茶の菓缶”やハンドクリームのような見た目のモンブランクリームなどをお土産にいただきました♪

ロマンライフ マールブランシュ 湖南スタジオ 工場 茶の菓 京都 土産 焼き菓子 スイーツ 移動販売

マールブランシュのケーキを滋賀でも購入できる移動販売も大人気♪

”茶の菓”の製造工程をメインにご紹介するだけではもったいないぐらい、社員想いの会社だと感じた今回の取材。社員の約8割が女性社員であることに意識を向けた、福利厚生がしっかりしているところや、女性がチームリーダーとして自然に活躍できる環境。そんな取り組みをしているからこそ、社員一人一人が満足し、丁寧さを忘れない美味しいお菓子を作り続けられるのだと感じました。
世界の人から愛される京都のお菓子が、滋賀にある[マールブランシュ 湖南スタジオ]で作られていること。そして、仕事と家庭の両立支援をしてくれる女性にとって働きやすい会社だということを一人でも多くの人に知っていただきたい。

情報
[マールブランシュ 湖南スタジオ]
住所:〒520-3242 滋賀県湖南市菩提寺2093-4
ケーキ移動販売スケジュールについては、HP・公式SNS・専用LINEアカウントにてご確認ください。
HP:http://www.malebranche.co.jp/